ホーム / 商工会について / 創業支援策のご案内
創業支援策のご案内
創業を増やすことによって、経済の活性化を図り、雇用を創出することが最大の課題となっています。これが対応のため、各種の創業支援策が拡充強化されました。ぜひご活用下さい。
 
研修・経営資源に関する支援
創業に関心があり、また創業を計画している者などを対象に創業の手続や経営ノウハウの修得を得るための研修や経営資源に対する支援を行います。
研修・セミナーの開催など
  • 全国商工会連合会・日本商工会議所、各地の商工会・商工会議所や中小企業事業団、都道府県などによる創業支援指導や新規創業支援研修会等の開催
  • 市と連携した創業支援セミナー(起業サポート事業)の開催
  • ワンストップ相談窓口設置による創業者個別指導
地域活性化アドバイザー等支援事業
経営及び技術に関する様々な問題を解決するためのアドバイザーの派遣や、各地域での異業種交流会などの開催
新規人材サポートプログラム
(一財)ベンチャーエンタープライズセンター登録アドバイザーの派遣
ベンチャーフェア、ベンチャープラザ、ベンチャー出会いの場の開催
 
資金面での支援
創業を行おうとする者は事業実績がないため一般に信用力が乏しく、また、創業初期の収益性は不安定な企業があります。このため貸付(間接金融)及び株式投資社債引き受け(直接金融)をはじめ、助成金の交付による支援が行われています。
間接金融による支援
小規模事業者経営改善資金(マル経)融資、日本政策金融公庫の新規開業特別貸付、普通貸付、創業支援及び信用保証協会の創業支援など
直接金融による支援
  • ベンチャー財団による投資
  • 中小企業投資育成株式会社による投資
  • エンジェル税制による直接金融促進
助成金による支援
  • 創業補助金
  • 事業継承補助金
  • 市創業支援事業補助金
 
税制による支援
創業初期における設備投資の円滑化や収益基盤の安定化のため、税制上の特別措置が講じられています。
設備投資に関する特別償却・税額控除
欠損金の繰越期間の延長
欠損金の繰戻還付