ホーム / 商工会について /小規模事業者・中小企業向け補助金公募
小規模事業者・中小企業向け補助金公募

常陸大宮市商工会では平成28年度第2次補正予算・小規模事業者持続化補助金および革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金申請の指導・助言を行っています。
なお、平成29年度の公募は下記のとおりです。次回の公募が決定しだい掲載いたします。
 
 

【小規模事業者持続化補助金】

平成28年度第2次補正予算
小規模事業者持続化補助金
<追加公募分>
 
 小規模事業者(注1)が、商工会の助言等をうけて経営計画を作成し、その計画に沿って地道な販路開拓等に取り組む費用の2/3を補助します。補助上限額:50万円(注2、注3、注4)
   
(注1)  
  小規模事業者とは「製造業その他の業種に属する事業を主たる事業として営む商工業者(会社および個人事業主)」であり、常時使用する従業員の数が20人以下(卸売業、小売業、サービス業(宿泊業・娯楽業を除く)に属する事業を主たる事業として営む者については5人以下)の事業者です。
(注2)  
  補助対象経費75万円の支出の場合、その2/3の50万円を補助します。同様に、補助対象経費60万円の支出の場合は、その2/3の40万円が補助金額となります。また、補助対象経費90万円の支出の場合には、その2/3は60万円となりますが、補助する金額は、補助上限額である50万円となります。
(注3)  
  今回の追加公募では、【一般型】(平成28年11月4日公募開始)のような、「補助上限額100万円への引き上げ」は実施しません。 なお、例外的に車両購入費が補助対象経費として認められる「買物弱者対策の取り組み」についても、補助上限額50万円として実施します。
(注4)  
  原則として、個社の取り組みが対象ですが、複数の小規模事業者が連携して取り組む共同事業も応募可能です。その際には、補助上限額が100万円〜500万円となります(連携する小規模事業者数により異なります)。
   
※補助金の採否については事業の有効性などの観点から審査します。
なお、今回の公募(追加公募)にあたっては、小規模事業者の円滑な事業承継を進めていただく政策上の観点から、代表者が高齢(満60歳以上)の事業者における事業承継に向けた取り組みの促進や、後継者候補が積極的に補助事業に取り組む事業者への重点的な支援を図ります。(※代表者が満60歳以上の事業者において必須提出書類である「事業承継診断票」の各設問への回答内容は、採択審査の対象でありません)
   
 
◆対象となる取り組み例
 
・販促用PR(チラシの作成・配布、新しくウェブサイトを構築)
・ネット販売システムの構築
・店舗改装、利用者向けトイレの改装
・商談会、見本市への出展(国内、海外とも可)
・商品パッケージ(包装)の改良
・買物弱者対策事業における移動販売車両の導入による移動販売・出張販売
・新製品・商品の試作開発用原材料の購入、業務システムの外注費
 
◆手続きの期限等
受 付 開 始 平成29年4月14日(金)
受 付 締 切 平成29年5月31日(水)【締切日当日消印有効】
事業実施期間 交付決定通知書受領後から平成29年12月31日(日)まで
 
  ※詳細は公募要領等をご覧ください
 

 
【革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金】
 

本補助金は中小企業・小規模事業者が取り組む、経営力向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等を支援するものです。

 
  詳細は公募要領等をご覧ください